病気情報局

病気情報局

抗がん剤のことについて理解をしておきましょう

抗がん剤の副作用のこと

使用された抗がん剤により副作用は変わる

抗がん剤の副作用は、がんの状況に適した抗がん剤の種類によって変わります。また、副作用は一度に出てくるわけではありません。ですから、副作用が出る時期や症状は人によって異なるのです。

使用開始すぐに出る症状

体が、抗がん剤に対してアレルギー反応を起こす場合があります。その症状は、じんましんや呼吸困難や発熱が起こります。また、多くあるケースではありませんが、アナフィラキシーを発症する可能性もあるでしょう。

抗がん剤を使用して数日後に起こる症状

抗がん剤の治療を始めて数日後に起きる症状に、吐き気や嘔吐があります。これらの症状は、抗がん剤によって血液の細胞を作る骨髄が影響を受けることで症状が出ます。

使用開始後1ヶ月を経て出てくる症状

1ヶ月経つと、抗がん剤によって発毛の細胞が影響を受けます。そして、発毛の細胞が影響を受けると、抗がん剤の副作用で多く見られる脱毛の症状が出てきます。

広告募集中